透明水彩の混色いろいろ

どうもです!コオロギとゴキって似てますよね…桜梓です。

私が透明水彩をやるときによく使う方法、紙の上で色を混ぜる。
「色を混ぜる」と聞くとパレットの上で混ぜるのを想像しちゃいますが、紙の上でつくるのです。

そして「つくる」と言っても紙の上でかき混ぜたりはしないですよ!
(初めに水を置く場合もありますが、)色Aをのせ、程よいタイミングで色Bを色Aの上にかかるように置く。
っていう方法です。
AとBが重なりにじんで混ざった色と、端の方の混ざらなかった色とで水彩独特のグラデーション(と呼んでおくとしましょう)が出来上がります。
正直専門用語は詳しく知りませんすいません。気になったら、調べたくなったら知ればよいと思います。技法名がわからなくても水彩はできますから。
もちろん!知っていた方がより楽しめたり、より深みのある絵が描けたりもするのですが「まずは描いてみる」ですよ。

と、理屈っぽく話すとなんだかそれっぽいですがたぶんみなさん無意識にやっちゃう。あるいはやってらっしゃる。
「じゃあ何が話したいんだよ!」って言われちゃいそうですが、今回私が話したいのは「混ぜる色に注目してみる」です。

今回は私のよく使う黄色と青でお話しします。
黄色と青を混ぜると緑になりますね。パレットで混ぜても、前述したにじんで混ぜる方法でも緑になりますね。
でも「青」でも違う青になると結構色味が変わるんです。

私の大好きな「プルシャンブルー」と「コバルトブルーヒュー」。単色で塗ると濃い青、明るい青、という感じで濃く塗ってしまえばあまり色味の差はありません。
おかげでパレットに隣同士で出すとどっちがどっちかわからない!
でも、黄色を置いたあとにそれぞれこの青を置くと違う緑ができるんです。
水の量もうまく調節すればもう別物。
こればかりはうまーく口頭で説明できない(上に今回も写真はない)し、感覚もあるのでぜひお試しいただきたい。

「初めの頃は数色でいい」みたいなことを言っておりましたが、色数をそろえても無駄ということはなくすごく楽しめます!

今回は青をメインにお話ししましたが他の色でもそうです。
描いていく中で自分の好きな組み合わせを発見してみてください。おもしろいですよ!

ちなみに、私の最近のお気に入りは黄色(気分によってバラバラ)+バヂターブルーです。
くすんだ感じがなんともツボでございますっ

今回お話しした絵具はすべてホルベインの物です。廃番のものはなかったはず…。
役に立つような情報じゃなかったかもしれませんが、いろんな楽しみ方があるんですよ!というお話しがしたかったので。

本日はこれにて!
桜梓


好きなもの

こんばんわ、アマネです。
なんだか暑いからいきなり寒いに変わっているような気がします。

早くもネタ切れでどうしようどうしようと考え練っていたのですが、
そういえばわたしの周りの人には何かしらフェチというか好きなものがあるようです。
魔女が好きだとか、クラゲが好きだとか、銃が好きだとか、和服とかセーラー服とかパンtとかもういろいろ。
サークルメンバーの桜梓さんは星が好きだったような気がします。
好きなものがあると絵も描きやすいですよね。
ちなみにわたしはイケメンがすk残念ながら周りの方のように特にこれというものはないです。
フェチなら男性のいい具合に細い肘から手までがありますが(若干色白だとイイ)
あとカッターシャツとかVネックとか、鎖骨らへんが広い服が好きです。
ついでに七分袖、肘から手首が見えるので。
ガリガリじゃないけどちょっとひょろっとした男性もry

すいません。
そういえば蝶とか猫とか鳥も好きでした。が、周りの人に比べたら浅いです。
でも蝶と鳥の図鑑はいつか手に入れようと密かに思ってます。
そういうのあるといろんなものが描けますし、なおかつその絵を説明するときにその種類が言えると絵に説得力ができるというか…すごいなってなりますね、いろんな意味で。
花言葉とかもそれだけで世界観が作れるのでいいですよねー。
わたしも何回か調べて使ったことがあります、すぐ忘れちゃいますけど!
花言葉の図鑑とかあったらそれも手に入れたい…ああ、野口さんが消える…

版権キャラが好きすぎてその子ばっか描いてるっていうのも素敵ですが、たまにはいろんなことを考えながらオリジナルで絵を描いてみたらいかがでしょうか。
創作は楽しいですよ、オリキャラに親ばかになっちゃうくらいに(^ω^)

というわけで今回はここらへんで!
ではまた!

そろそろためになる話をしたいのだけどなんせ経験不足な私(’ω’)
というか日本語しゃべってないんじゃないかと思う私であった。


魔術の誘い(3)

※本記事をお読みになる前に、「魔術の誘い(1)」から一読されるとよりこの記事を楽しむことができます。

おはようございます。箱の中のユーフォリア代表のDaigonです。
「魔術の誘い」は本日で三回目です。私的にはもう三回目なのかと驚くばかりです。
毎回読んでくださる方々に心よりお礼申し上げます。
それでは、本日もよろしくお願いします。

本日は「錬金術」の基本的概念を考えながら、錬金術とはなにかということをお話させて頂きます。
まず錬金術とは、簡単に言ってしまえば「卑金属を貴金属に変換する」という学問です。
現在では、化学の基盤となった存在であることが有名ですね。
化学のものである元素周期表なども、錬金術の素材表と似ています。この点からも錬金術と化学は密接に関わっています。

そして錬金術の歴史は、学問の中でもとても長いものです。
世界各地で突発的に発生したため、あまり明確な起源はないのですが、古代ギリシャで金を生成する術を考えていたと言われています。

現在認知度の高い錬金術の形成は、ヨーロッパの魔術がイスラム世界と交わり戻ってきた形式のものです。
その逆輸入的な錬金術の理念は、万物融解液により物質から性質を取り出し、その性質に宿る精力そのものの原理を知り生成するものです。これから考えると、金を生成するというのは過程に過ぎません。
根源としてあるものは生命をさかのぼり緒元を発見する行為、「不老不死」を目標としています。
事実、全盛期である中世ヨーロッパの錬金術は、魔術的作用が大きく、賢者の石などの霊丸や、ホムンクルスのような生命体の製作。
全ては生命とつながります。

ではなぜ全盛期である中世ヨーロッパでは、古来の錬金術ではなく不老不死を語る錬金術を用いたのでしょうか。

それは貴族達の不老不死に対する飽くなき欲求からです。
上流の貴族達の保護下には、顧問錬金術師と呼ばれる人物がいました。
彼らは膨大なお金を消費しながら、用意された研究室でひたすら錬金術の研究をしていました。
中にはお金が欲しく、嘘を吐いて適当に研究をしていた錬金術師もいました。

ですが、時代の流れで技術が発展していくにつれて錬金術は、化学の提唱により吸収される形となりました。

現在、化学の理念は「この世に存在する物質全ての性質を理解すること」です。
物質の性質を取り出すという錬金術の概念と似ていますね。
錬金術は確かに現在は魔術の分野として生きていますが、化学という名前で形態を変えて生き続けています。
案外、魔術は身近にあるものですね。

錬金術は魔術外にもおよぶ程に、とても奥が深いのでご自身でお調べになるとより理解を深めれると思っています。
次回は、「近代に生きる魔術」についてお話させて頂きます。
拙い文ですがここまでお読み下さり、ありがとうございました。

Daigon

【用語参考】
魔女狩り(ジャン・ミシェル サルマン)
法の書(アレイスター・クロウリー)
錬金術―宇宙論的生の哲学(沢井 繁男)
大英博物館設置資料
その他自研究資料より。

注:個人的な解釈などが随所にありますのでこれが絶対論という訳ではありません。その程ご容赦下さい。

慣れるまで大変です。

お久しぶりです、狐珠です。
最近夜は過ごしやすい気温になってきましたねー、このまま一日中涼しくなってもらいたいもんです。

さて、今回はFlashのことをちょっとお話します。
ソフトはAdobeのFlashProfessionalCS5を使っております。
最初はやっぱり苦戦してましたが、最近は結構仕事が早くなったと思ってました。
ASが出てくるまでは…ActionScriptありきのFlashなのにネ!!
ASとはFlashで使われるプログラミング言語で、音楽の再生など複雑な処理をさせるために使います。((wiki参照
あとAS1.0、2.0とAS3.0は全く書き方が違います。
ASは正直言葉で説明されてもちんぷんかんぷんで、量をこなしていくしかないとのことです( ゚Д゚)ヒョエー

私が作業して起きた事件なのですがCtrl+Enterを押して書き出しをしようとすると、
“メモリがロードできません、ムービーが壊れている可能性があります。”と私の嫌いなデンッという低い音と共に出てきたのです。
結構な時間作業していてしかも序盤はこまめに保存していたくせに、途中からぶっ通しで作業していたため序盤のデータしか残ってないわけです。
これは、もう諦めてやり直すしかないのかと、絶望していたところ先生にムービーに使っていた画像を入れなおしてみたら?と言われたのでやってみたところ警告は出ず事なきを終えました!!
もし、同じような警告が出た場合は中に入れた画像が何かやらかしている可能性があるので入れ替えてみてください。
あとこまめに別名保存しましょう、これ大事です。
ソフトが途中で落ちることもありますしね!
というか、私の操作の仕方が悪いのか、前もバグって兎の形になるはずの雲がえらいことになっていたこともありました。
でも素直に命令を聞いてくれる時もあったりでやっぱり機械相手は中々大変です。

では、今日はここらで終わります!!
狐珠でしたー(*゚∀゚)ノシ