継ぎ目のないテクスチャを自動的に生成「Texture-inf.」

こんばんは!金曜日担当のnclsです。
お休みしがちで申し訳ありません!
今週も創作活動に役立ちそうなフリーソフトを紹介していきたいと思います。

今回ご紹介するのは、「Texture-inf.」です。


作者さんサイト
Vector

tex04
Texture-inf.はこんな感じの様々なパターンの継ぎ目のないテクスチャを簡単に生成することができます!
生成したテクスチャは自由に使用することができるそうなので、イラストに使用したり、サイトの背景画像にしたりといろいろ使えそうですね。
製作者さんのサイトにこのプログラムで生成された著作権フリーのテクスチャのページがあるので、もっと生成例が見たい場合はそちらも見てみることをお勧めします。

操作画面はこちら
tex

Generateを押すと自動でテクスチャが生成されます。

パラメーターを変えることでどのようなテクスチャが生成されるか変わります。
Render…下塗り処理の最大回数を指定
Filter…フィルタ処理の最大回数を指定
Geometric…幾何学的な模様が生成される度合いを指定
Width/Height…生成する画像の幅と高さを指定(最大は5000まで)
Seamless…並べたとき継ぎ目のないテクスチャを生成したい時はチェック
Number…一度に生成する画像の数を指定
New seed…新しい乱数列を生成

詳しい解説は同梱のテキストファイルに書かれていますが、RenderFilterの値を大きくするとより複雑なテクスチャが生成され、
幾何学的な模様のテクスチャを生成したい時はGeometricの値を大きくすればよいようです。
反対にもやもやっとしたランダムな模様がほしい場合はGeometricの値を小さくしましょう。

生成されたテクスチャを選択して、ツールバーまたは右クリック>Variations で選択したテクスチャを少し変化させたものが生成されます。
似たようなテクスチャでも並べてみると印象が結構違ったりするので、どんどんバリエーションを生成して気に入るものを探すとよいと思います。

気に入ったテクスチャはツールバーまたは右クリック>Add to stock で一時的にストックウィンドウに置いておくことができます。(プログラムを終了すると消えてしまうので注意)

テクスチャを並べたときの見え方をテストしたい時は
ツールバー>Tiling でタイリングプレビューウィンドウを表示させます。
タイリング表示をしたいテクスチャを選択すると、ビューに3×3で並べたものが表示されます。
選択するのはメインのウィンドウでなくても、ストックウィンドウやバリエーション生成したテクスチャからでもよいようです。

ほかにも選択したテクスチャを大きくしたり回転させたりすることができます。

並べても継ぎ目が出ない画像って作るのに手間がかかるイメージだったのですがすごくお手軽にできるのでとてもびっくりしました!
思わぬ柄との出会いを期待してみるのもいいかもしれませんね~


来週はまた別のフリーソフトを紹介したいと思いますので、見て下さるとうれしいです!
それではまた来週お会いしましょう~!

(こんな時使えそうなソフト紹介して!などのご要望や、このソフトいいよ!などの情報提供ありましたら箱フォ本サイトのメールフォームかコメント欄などからお知らせください!単に感想だけでも大歓迎です!)

関連記事

ブログランキング・にほんブログ村へ
↑ブログランキングに参加しております。もしよろしければクリックお願いいたします。
(1日1回カウント)


【箱の中のユーフォリア・関連リンク】
箱の中のユーフォリア・公式サイトへ
箱の中のユーフォリア・素材集へ
ボブログ・フラッシュゲームびよりへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*