狩り狩り・・・

こんにちは、Itinenです。

2週もお休みしてしまい、記事を楽しみにしておられた方々に大変ご迷惑をおかけしました・・・

さて、最近は3DSと「モンスターハンターTriG」を購入しまして、
友達と狩りまくったり、モンスターを擬人化しまくったりして遊んでいます。

昨今「狩りゲー」、いわゆる「ハンティングアクションゲーム」がゲーム市場を賑わせていますが、
そのなかで、「真のモンハン」「本当のモンハン」といったワードが見られるようになりました。

今回はそれについて、書いてみようかなと思います。

「ハンティングアクションゲーム」。さまざまなゲームジャンルがある中で、多彩な武器や道具、アクション、多人数協力プレイを駆使して、大型のモンスターを「狩猟する」ゲームの総称であります。

このジャンルのゲームが爆発的に広まった根源と言えるものといえば、皆さんご存知「モンスター・ハンター」です。

モンスター・ハンター(以後MH)は、2004年にプレイステーション2で発売された以降、オンラインでの多人数協力プレイを支持され、続々と続編の作品を発売しています。
携帯機であるプレイステーションポータブルで続編が出された以降(2007年)から、さらにその支持を集め、元祖狩りゲーと呼ばれる地位まで上り詰めました。

2008年頃から、MHシリーズ以外にも狩りゲーといえるようなゲームが台頭するようになりだしました。
ファンタシースターポータブル」(以後PSP)の登場です。
PSPは、ファンタシースターユニバース、ファンタシースターユニバース イルミナスの野望ををベースとして、携帯機でも遊べるようにしたPSシリーズとして発売されました。
元来のPSシリーズと同様にキャラクターメイクやストーリー性などを重視した作りとなっており、狩りゲー人気も相まって多くのゲーマーに支持されました。

と、言ったところで、今回はこのあたりまで。

次回に続きます・・・!

関連記事

ブログランキング・にほんブログ村へ
↑ブログランキングに参加しております。もしよろしければクリックお願いいたします。
(1日1回カウント)


【箱の中のユーフォリア・関連リンク】
箱の中のユーフォリア・公式サイトへ
箱の中のユーフォリア・素材集へ
ボブログ・フラッシュゲームびよりへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*