キャラクターの描き分け・顔パーツ(4)

 昨日まで涼しかったのに、また暑くなってきましたね。
こんにちは、すごくお久しぶりです、アマネです。
長らくお休みしてしまって申し訳ありませんでした。
今回からまた記事のほうを再開していきたいと思いますのでよろしくお願いします。

さて、最後の記事は確か「睫毛」や「ひげ」について話してたんですよね。
忘れてしまったというかたはこちらから。
キャラクターの描き分け・顔パーツ(3)

というわけで今回もまた顔パーツについてとなりますが、一部ではなく全体のバランスについてのお話です。
ちなみにこれは「キャラクターの描き分け(2)」でも軽く触れています。
本当に軽くなんですけど。

 全体のバランスというのは、つまり目・鼻・口・眉毛などのパーツの位置のバランスのことですが、別にこういうバランスで描くと良い顔が描けるよ!というわけではありません。
あ、でも目の間が少し離れてる方が最近の流行ではあるようですね。

目の大きさや形で性別や年齢を描き分けることもできますが、位置も重要です。

キャラデザ18A

わたしが普段普通に描く顔の位置がこんな感じです。
わたしからすると10代、中学生ぐらいの顔立ちです。
人によってはもっと幼い歳じゃないかと思うかもしれませんが、とりあえずそれは置いといて…。
 この顔をさらに幼くしたい場合、どう変えればいいでしょうか。
目の大きさはもちろんですが、パーツの位置を変えて考えてみてください。

キャラデザ18B-1

どうでしょうか、幼くなったでしょうか。
単体だけだとどう変わったか分かりづらいのでガイド線を交えてみます。

キャラデザ18B-2

こんな感じで全体的に下に縮まっています。
一応耳も、目と同じ高さにてっぺんが来るので一緒にずらしました。
(そうしないと眼鏡がかけられませんからね!)
幼くするにはパーツを全体的に下に集中させる、というより、間隔を縦に縮めるというほうが正しいかもしれません。
というかこれはさっきリンクであげた記事の軽く触れてるところで言ってるんですけどね。
これにさらに目を少しくりっとさせれば、子供だとか幼い顔立ちが描けるのではないでしょうか。

次は大人にしてみます。
幼いの逆で離せばいいだけかと思いますが、ただ広げるだけだと気持ち悪いことになります。
まず変えたものだけを見てみます。

キャラデザ18C-1

どうでしょうか、少し大人っぽく見えるでしょうか?
パーツが丸っこいので大人とは言い切れないのですが、成長した感じはとれているかと思います。
でもやっぱりあれなので、輪郭だけ少し整えます。

キャラデザ18C-2

分かりづらいですが、ちょっとシュッとなってます。
こちらも単体だけだとどう変えたのか分かりづらいので、ガイド線を引いてみます。

キャラデザ18C-3

細かい部分は置いといて、口と目の間が離れたのが分かるかと思います。
子供(小学生とかそこらへん)は成長中なので鼻も小さく、鼻筋も通ってないのですが、大人ははっきりしているので鼻筋も長くなります。

キャラデザ18D

よって目と鼻の間の間隔、鼻筋が長くなるということです。
そうとは限らないこともありそうなので、ひとつの手法だと思ってください_(:3」∠)_
後はこれに目を鋭くするだとかすればより大人に見えると思います。

 今回はこんな感じですが、いかがでしたでしょうか。
久しぶりの記事なので若干文章の書き方を忘れてしまってはいないかヒヤヒヤしていましたが…。
とりあえず顔パーツについては今回で終了となります。
次回の内容は未定ですが、老人とかマッチョとかについて触れたほうがいいのかなーと思ってます。
私自身そんなに知っているわけではないんですけどね…!
というわけで、今回は以上です。
何か質問などあればコメントか私宛にメールなど送っていただければと思います。
ではまた!アマネでした。

関連記事

ブログランキング・にほんブログ村へ
↑ブログランキングに参加しております。もしよろしければクリックお願いいたします。
(1日1回カウント)


【箱の中のユーフォリア・関連リンク】
箱の中のユーフォリア・公式サイトへ
箱の中のユーフォリア・素材集へ
ボブログ・フラッシュゲームびよりへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*