線画はフリーハンド派

こんばんわ、やる事で頭いっぱいのアマネツユです。
そういえば作業環境を話していなかったので最初に適当に話そうと思います。

まずOSはMacOSXバージョン10.7
ペンタブがWACOMさんのBAMBOO FUNでモデルがCTE-450
白くて若干小さいやつなんですがたぶん3年使ってます。たまに反抗してきます。
主な使用ソフトはサークルのプロフィールにもありますがPhotoshopのCS6です。
稀にIllustratorも使いますがまだまだ課題の中だけですね。
パソコンもそうですがアドビさんのソフトも一式学校で買ったので、他にもフラッシュやらドリームウィーバーやらも入ってます。
選択授業でその系列を学ぶか独学でやるか全く何もやらないかはわたし次第ですが、せっかく持ってるのでちょっとは使い方覚えてみたいですね…。

まあそれは置いといて、もういっこ家族兼用でWindowsXPが一台あり、そちらにSAIが入っています。(ついでにフォトショのエレメンツとかも)
自分のパソコンが手に入るまでずっとそっちで絵を描いていたのですが、ゲームする以外はこっちで全部出来てしまうのでほとんど窓さんは触らなくなってしまいました。
SAIも林檎さんには対応してないので当然ずっと触っていません。
(やろうと思えば触れますがペンタブが一個しかないのでめんどくさい…)

もう最初は抵抗感ばりばりでしたよ…(今も慣れたわけではないですけどw)
線が綺麗に引けないし、色がキャンバス上で混ざってくれないし、反転できないし、回転の仕方めんどくさいし…(少し前のフォトショでは回転ツールがなかったらしいのでまだマシですが)
SAIで描いていたクラスの友人らも最初嘆いておられました。
デジタルが初めてだったりフォトショが初めてだった方も線どうやって綺麗に描くのとか言ってましたが…。
一応フォトショにもペンツールという、「アンカー」つくって「ハンドル」を出して「アンカー」つくって…っていう口で説明するには難しいような線を引くツールがあるのですが(ちなみにイラレはこの描き方が主流のソフトです)
SAIでのペンツール(ペン入れレイヤー)は「アンカー」ではなく「制御点」、「ハンドル」は無く、他のツールに変えない限り線が一生カーソルについてくるみたいな感じですよね。
無知だった私は見た瞬間なんだこれってなりました。
なんでSAIみたいにぽちぽち押すだけじゃないのみたいな。
まあ慣れれば楽しいんですけどね!(フォトショはやったことないけd)
でもやっぱよくわからんので結局フリーハンドで線画描いてます。
わたしはきっちりした線じゃないほうが好きなのでいいですが、人によってはちょっとつらいかもしれないですね。

そこでちょっとフリーソフトを紹介したいと思います。
見つけたのがだいぶ前で触ったのが最近なのですが、そのとき初めてそのソフトにSAIと同じ補正機能がついていることに気づいてもうテンションあがっちゃって。
それがFireAlpaca(クリックでダウンロードサイトに飛びます)という、アイコンが炎のアルパカなソフトです。

補正機能というのはフリーハンドでも綺麗な線が描けるっていう優れもので、長い髪の毛とか輪郭描く時は超助かります。
数値が高いほど綺麗に線が描けます。

林檎でも窓でもダウンロードが可能なので、SAIが恋しい林檎ユーザーさんやSAIほしいけど金ないってな方とかも是非試してみてはいかがでしょうか。
フリーソフトなせいか若干不便な場所(拡大縮小とか回転とか)もあり、これだけで絵を描くのはちょっと辛い気がするので他のソフトと併用するといいと思います。
ちなみにpsd(フォトショ形式)も使えるのでレイヤーを統合せずにそのままフォトショに持っていくこともできます。
ここもSAIと同じですね。
他にもいろいろあるのですがここまでにしておきます。
聞いて試すより自分で見つけた方が嬉しいものですしいろいろ探してみてください(´ω`)

以上です。
前よりはマシな内容になった…よね…?
ではまたw


関連記事

ブログランキング・にほんブログ村へ
↑ブログランキングに参加しております。もしよろしければクリックお願いいたします。
(1日1回カウント)


【箱の中のユーフォリア・関連リンク】
箱の中のユーフォリア・公式サイトへ
箱の中のユーフォリア・素材集へ
ボブログ・フラッシュゲームびよりへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*