有名なコード進行

こんばんわーもすです。

一応私は金曜日担当なんですが、今週は諸事情によりだいごんおじいちゃんの代わりに更新いたします。

前回は作曲の基礎が抜けちゃった」にてコードの種類について触れさせていただきました。

今回は有名なコード進行についてお話ししたいと思います。

私はピアノから入ってるので、トライアドという三つの音で構成されるコード四つでできる進行についてお話したいと思います。

まず有名なコードとして、
コード進行の「The王道」とも言われるコード進行

「C-F-G-C」

単純ですが、明快で非常に奥が深く、童謡などでもよく使われています。

少し順番は変わりますが、

「C-F-C-G」

こちらは結構万能に使えるというか…聴くときによって明るくなったりくらくなったり、結構自由に歌詞がつけやすい感じがします。いろんなジャンルに使えます。

あと私がよく使うコードとして

「F-G-Am-C」

というものがあります。90年代によく見かけたコードですが、切なさ加減が大好きです。実はいま作曲中の曲も、サビがこのコードになっています。

今度文化祭で知人とCDを出す予定がありまして、その時にその楽曲も入れたいなと思ってます。
さりげなく宣伝?しちゃいました苦笑

「F-G-Am-C」

これは大分前に大ヒットしたGReeeeNの愛唄にも使われています。よくピアノで弾いたなあ…(´ω`*)

他にも王道進行として

「F-G-Em-Am」

ちょっと前ですが日常のOPだったヒャダインのカカカタ☆カタオモイ-Cもこれに近いかなあと。セブンスつけるとさらに深みが増します。とてもよく盛り上がるので、J-POPSのサビなどでよく見かけます。

他にも小室進行として、

「Am-F-G-C」

というものもあります。小室哲哉が多用した事によって有名になった物です。GUMIの楽曲にも見かけるなあとしみじみと聴いております。

まだまだたくさんよいコード進行はあると思います。
他にも気になるコードがあったらぜひ教えてください。

さて、作業に戻ります。また金曜日ノシ

百守

関連記事

ブログランキング・にほんブログ村へ
↑ブログランキングに参加しております。もしよろしければクリックお願いいたします。
(1日1回カウント)


【箱の中のユーフォリア・関連リンク】
箱の中のユーフォリア・公式サイトへ
箱の中のユーフォリア・素材集へ
ボブログ・フラッシュゲームびよりへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*