透明水彩の混色いろいろ

どうもです!コオロギとゴキって似てますよね…桜梓です。

私が透明水彩をやるときによく使う方法、紙の上で色を混ぜる。
「色を混ぜる」と聞くとパレットの上で混ぜるのを想像しちゃいますが、紙の上でつくるのです。

そして「つくる」と言っても紙の上でかき混ぜたりはしないですよ!
(初めに水を置く場合もありますが、)色Aをのせ、程よいタイミングで色Bを色Aの上にかかるように置く。
っていう方法です。
AとBが重なりにじんで混ざった色と、端の方の混ざらなかった色とで水彩独特のグラデーション(と呼んでおくとしましょう)が出来上がります。
正直専門用語は詳しく知りませんすいません。気になったら、調べたくなったら知ればよいと思います。技法名がわからなくても水彩はできますから。
もちろん!知っていた方がより楽しめたり、より深みのある絵が描けたりもするのですが「まずは描いてみる」ですよ。

と、理屈っぽく話すとなんだかそれっぽいですがたぶんみなさん無意識にやっちゃう。あるいはやってらっしゃる。
「じゃあ何が話したいんだよ!」って言われちゃいそうですが、今回私が話したいのは「混ぜる色に注目してみる」です。

今回は私のよく使う黄色と青でお話しします。
黄色と青を混ぜると緑になりますね。パレットで混ぜても、前述したにじんで混ぜる方法でも緑になりますね。
でも「青」でも違う青になると結構色味が変わるんです。

私の大好きな「プルシャンブルー」と「コバルトブルーヒュー」。単色で塗ると濃い青、明るい青、という感じで濃く塗ってしまえばあまり色味の差はありません。
おかげでパレットに隣同士で出すとどっちがどっちかわからない!
でも、黄色を置いたあとにそれぞれこの青を置くと違う緑ができるんです。
水の量もうまく調節すればもう別物。
こればかりはうまーく口頭で説明できない(上に今回も写真はない)し、感覚もあるのでぜひお試しいただきたい。

「初めの頃は数色でいい」みたいなことを言っておりましたが、色数をそろえても無駄ということはなくすごく楽しめます!

今回は青をメインにお話ししましたが他の色でもそうです。
描いていく中で自分の好きな組み合わせを発見してみてください。おもしろいですよ!

ちなみに、私の最近のお気に入りは黄色(気分によってバラバラ)+バヂターブルーです。
くすんだ感じがなんともツボでございますっ

今回お話しした絵具はすべてホルベインの物です。廃番のものはなかったはず…。
役に立つような情報じゃなかったかもしれませんが、いろんな楽しみ方があるんですよ!というお話しがしたかったので。

本日はこれにて!
桜梓


関連記事

ブログランキング・にほんブログ村へ
↑ブログランキングに参加しております。もしよろしければクリックお願いいたします。
(1日1回カウント)


【箱の中のユーフォリア・関連リンク】
箱の中のユーフォリア・公式サイトへ
箱の中のユーフォリア・素材集へ
ボブログ・フラッシュゲームびよりへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*