宝石を描くときの資料になりそうなフリーソフト「Garnet」(1)

あけましておめでとうございます!
本年もよろしくお願いしま~す!

お久しぶりです!nclsです。
スタッフブログのシステムが変わりまして、今回から私は創作活動に役立ちそうなフリーソフトの紹介を担当することになりました。私なりに役に立ちそう!面白そう!と思ったソフトを実際にいろいろ試していきます。
創作者なりの視点からの紹介を是非役立てていただけたらと思います。
どうぞよろしくお願いします!

(この記事は旧バージョンのGarnetver1.10の情報で書かれています。最新版のGarnetについての記事はこちら

さて、今回ご紹介したいのが田村太一さん制作の「Garnet」です。
作者さんサイト
Vector
ダイヤモンドやエメラルド、水晶、ガラスといった様々な宝石の見え方をシミュレートできる
フリーソフトです。

宝石って描こうと思うと難しいですよね。
資料を探そうと思っても、宝石って光の当たり方が変わると全く違う見え方をしますから、
思った通りの光源の資料が見つからなかったりして・・・
ダイヤモンドとかになると屈折の仕方もとても複雑で、とても想像じゃ描けない!となったり。
そんなときにナイスな資料になってくれるんじゃないかなと思ったのがこのGarnet!
宝石の種類はデフォルトで7種類から選ぶことができ、宝石の向きも光源も自由に設定することができるので、欲しい向き、欲しい光り方が自由自在です。
シュミレートした宝石のスクリーンショットを撮ったり、
ぐるーっと一周するGIFアニメも作れたりします。
こんな感じ

では実際に使ってみましょう~!

Vectorのダウンロードページからzipをダウンロードして解凍します。
レジストリは使用していないのでアンインストールするときはフォルダを削除するだけで良いそうです。
動作OSは Windows XP/Me/2000/98/NTとなっていますが、私はVista使用ですが問題なく使えているように思います。

ソフトを起動しました。

操作画面はこんな感じです。
まずは石の種類を決めます。

デフォルトで用意されているのは7種類で、この中から選ぶことになります。
(全てGarnetで作成した画像です。)

Diamond・・・おなじみダイヤですね!デフォルトで設定されてるカットはラウンド・ブリリアントカット。カラーはcollarlessがデフォルトですがPinkやYellowにすればピンクダイヤやイエローダイヤに。


Sapphire・・・サファイア。デフォルトのカットはアンティーク・クッションカット。ルビーとサファイアは本来同じコランダムという宝石で、赤いコランダムをルビー、そのほかの色のコランダムをサファイアと呼ぶそうです。なのでサファイアを選んでカラーをRedにすればルビーを作ることができます。

Emerald・・・エメラルド。デフォルトのカットはエメラルドカット。エメラルドグリーンともいうようにやっぱりカラーはGreenが王道でしょうか!

Topaz・・・トパーズ。デフォルトのカットはシザースカット。トパーズと聞くと黄色のイメージがあったのですが、調べると様々な色のものがあるようです。

Garnet・・・ガーネット。デフォルトのカットはダブル・ローズカット。柘榴石とも呼ばれるガーネット。色もやはり赤っぽいものが主なようです。

Crystal・・・水晶。デフォルトのカットはブリオレットカット。単に水晶というと無色のものを想像しますね。色がついたものは紫ならアメシスト、黄色ならシトリン、ピンク色ならローズクォーツとなるようです。

Glass・・・ガラス。デフォルトのカットはラウンド・ブリリアントカット。デフォルトのカットもカラーもダイヤモンドと同じですが、シミュレートした時の見え方が全然違うのが面白いですね。ダイヤの方がなんとなくギラギラっとした感じです。

これだけでも随分充実しているように思いますけれど、あら私が資料に欲しい宝石が無いわ!って方もいらっしゃるんじゃないでしょうか・・
そんな時も心配無用です!来週は屈折率の設定からご紹介していきたいと思います(*’`*)
それではまた次回お会いしましょう!


参考にしたサイト
Wikipedia
宝石.jp

関連記事

ブログランキング・にほんブログ村へ
↑ブログランキングに参加しております。もしよろしければクリックお願いいたします。
(1日1回カウント)


【箱の中のユーフォリア・関連リンク】
箱の中のユーフォリア・公式サイトへ
箱の中のユーフォリア・素材集へ
ボブログ・フラッシュゲームびよりへ

宝石を描くときの資料になりそうなフリーソフト「Garnet」(1)」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 宝石を描くときの資料になりそうなフリーソフト「Garnet」(2) | 箱の中のユーフォリア・スタッフブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*