キャラクターの描き分け(2)

 おはこんばんちは、菓子が食べたくて仕方ないアマネです。
チョコはやっぱりひとくちチョコに限りますね。
お酒とかゼリーが入ってるのは私には無理です_(:3」∠)_
あとビターも食べれません!苦い!

 そんなことはどうでもよくて、今回は前回の続きというかまた描き分けの話をしていきます。

 前回は体型の話をしました。
成人男性女性とか、子供とか、太った人とか。
といってもたぶん太った体型とかお年寄りは描けたとしてもそんなに描かないですよね!
キャラは体型というより顔が命ですから、今回は顔の話をしようと思います。

若い男性や女性のキャラはだいたい卵を逆さまにした形で描くと思います。

キャラデザ4A

と言っても顔のベースにするだけで、顎を細くしたり太くしたりすることもしばしば。
わたしも女性は少し細くして、男性は少しだけ丸くするということもあります。
いかつい男性は顎の面を少し平にしたり、えらの張った顔にして四角くしてみたり。
顔のパーツで雰囲気を描き分けるのも大事ですが、輪郭に気を使ってみたりしてもいいと思います。

キャラデザ4B

でもあまり顎を尖らせすぎると、凶器になってしまうので控えめに(笑)

 上の絵で普通に描いていますが、顔が向いている方向を簡単に書き記したものです。
目や鼻の一位置とかもこれでだいたい決めますが、結局後で調整したり、線があるのと消した時の印象がだいぶち違って邪魔になったりするので、あまり頼りになっていないというw
 とりあえずわたしの場合これに目を描くなら、横線の上に乗っているように描きます。
正確に描きたい人は、眉毛の位置、上まぶたの位置、鼻の位置と口の位置に線を描いてたりしますが、わたしはそれだと逆に描きづらくなってダメでした_ノフ(、ン、)

 あと、顔のパーツの位置を少し変えるというのも意識するといいです。
目の位置は下になるほど幼く見え、上にするほど大人っぽく見えます。

キャラデザ4C

 ほっぺも少しふっくらさせると、さらに幼く見えます。
目を少し大きくするのもいいかもしれません。
逆に小さくすると大人っぽくなるので、幼い顔しか描けないっていう人は、目を鋭くして上にもっていくといいと思います。
鼻と口を一緒に移動させないようにね!
逆もしかりです。

 目の距離を離したり縮めたりするのも印象を変えます。
縮めるときつい印象、離すと穏やかだとか優しそうな印象になると思います。

 現実で瞳の大きさが違うなんてことは、コンタクトをするかプリクラで撮った写真じゃない限り違わないですが、二次元ではそんなの関係ありません。
三白眼(ワンピースのルフィみたいな目)なんて光入りづらくて物見えてんのか!?って感じですけど、誰もそんなこと考えませんからね!
少女漫画なんて顔の3分の1を占める目だったりするんですから。
(だからといってそんなでかくすればいいってもんじゃないですけどww)

と、目の話ばっかすると次回の話題がなくなってしまうのでここらへんで・・・。
何回も言ってる気がしますが、顔のパーツを変えるだけじゃなく(たれ目かつり目かとか)、輪郭やパーツの位置に気を配ることも必要だと思います。

 とりあえず今は段階を踏んでやってますが、そのうち服のデザインとか設定のこととかも話せたらいいなと思っております・・・。
あと、もっとここの話広げてほしいとか、こういうこともあるだろとかあれば言ってください。
そこまで指摘するほど期待してないとか思われてそうですけど・・・!

というわけで、長くなりましたがここらへんで。
それではまた!
アマネでした。

関連記事

ブログランキング・にほんブログ村へ
↑ブログランキングに参加しております。もしよろしければクリックお願いいたします。
(1日1回カウント)


【箱の中のユーフォリア・関連リンク】
箱の中のユーフォリア・公式サイトへ
箱の中のユーフォリア・素材集へ
ボブログ・フラッシュゲームびよりへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*